今シーズン最終

 家族との予定をうまく調整し午前中だけ釣りに行くことができた。これが今シーズン最後の釣りになる。生憎、朝から雨だった。最初に選んだ川は人的プレッシャーが少ないと予想していたが、それ以前に川に生命感を感じることが出来なかったため、場所をすぐに移動した。
わずかに増水し川全体の雰囲気を見て、ここの場所で終わりにしようと決意した。この時期にあまり入ることのないエリアだったが、ロッドから伝わる水圧が心地よく、ルアーをうまく流すことに満足感を得られた。しかし意に反して魚からの反応は皆無だった。少し上流域へ行くが乏しいポイントが続く。釣り歩いた経験から、アマゴが付きそうなポイントは把握していたため、そこだけをランガンした。







数匹のアマゴに出会い、無事に納竿することができた。
今年は7月の豪雨災害以後、思うような釣りができなかったように思う。自然相手の遊びである以上、結果だけを求めてはつまらないものになってしまう。状況がどうであれ、毎週のように川に向かい試行錯誤しながら渓魚と向かい合うことに意義があった。
来シーズンも少しばかり鼻の下を伸ばしながら楽しく釣りをしたいと思う。


ROD : EGOISTick / EG-532LL
REEL : Cardinal 3R
LINE : VARIVAS SightEdition 5lb
Lure : 自作ハンドメイド M氏のハンドメイド

2週続けて

 前回の秋鱒狙いの翌週に同じ渓流に立った。1週間前よりよりいくぶん水位は落ちてなんとか釣り上がることはできた。



しかし釣れるのは小型のイワナのみ。唯一釣れたアマゴは秋色というよりも春色というような容姿であった。



秋鱒と呼べるような個体の反応は私に一度きり、真っ赤な尺クラスであったがワンチェイスをものにできないで終わってしまう。同行したM氏にも40あるのではという秋鱒のチェイスがあったのだが、口を使わせるには至らなかったみたいだった。
今シーズンの秋鱒狙いは結果ボウズ。一筋縄ではいかないところに私は様々な課題と難易度の高さを思い知らされたのである。



今シーズンの山飯も最後だった。前回のさば缶に続き今回のとり缶はやはり定番化しそうだ。
来シーズンのこの時期にはここで雄叫びをあげたいものである。

狙うは秋鱒

 ここ数年この時期になると、やけに秋鱒というフレーズを雑誌やネットで見かけるようになった。いや、たぶん私が意識するようになったから気になるのかもしれない。
8月上旬、釣り仲間のM氏を誘ってとある渓流を探索した。初めての渓流だったため、とても心踊る気分だった。そしてそこには大型化したアマゴがいる可能性を十分に理解することができたため、M氏と9月に再度挑戦することを約束したのである。
釣行スケジュールを半月も前からお互い予定し、釣行の数日前から天候ばかり気にしていた。その間、まとまった降雨があり、なか2日をはさんだ当日は条件がハマったと思っていたのだが、それは甘い推測であった。




予想外に水位はひいていなかったようだった。前夜さらに降雨があったのかもしれない。結果、水量が多く思うように遡行できなかったのだが、予定していたエリアの一区間釣り歩きました。その間にM氏が釣り上げたアマゴの秋色が素敵だった。
そして我々は水量の低いであろう上流へ向かう。




[


各支流が集まる下流域に比べればいくぶん水量は減ってきたのだが、その分川幅も狭くなるため、押しの強い流れ思うようにルアーを流れに馴染ませることができず、攻略するのは難しかった。しかし時おり出てきてくれたイワナの容姿は色濃く、下流域のイワナとは質が違っていた。





アマゴが遡上できる終着点(堰堤)を確認し、その少し下流ではすでにペアリングしている雄雌のアマゴも確認できた。釣果は思ったようにはいかなくても収穫のある一日でした。また今回はいままであまり使用することのなかったオフセットリップのシャッドルアーの優位性を知ることもできた。増水時のシャッドは物凄く威力を発揮したのです。




残すところ私のシーズンもあと半月あまり。思うような結果を出すことができないのだが、その過程は間違っていないと思う。次も楽しみだ。


昼からちらっと

 前日の本流釣行は魚からの反応は何一つ得ることが出来ませんでした。2連休だった私はもともと二日目は自宅でゆっくりするはずであったが、どうもすっきりとした気持ちになれなかったため、午前中に用事を済ませ午後から軽い気持ちで近場の渓流に向かった。初めての場所ではなかったのだが、今回は少し上流部の調査を兼ねての釣り。普段あまり見向きもしていなかったその渓流は、予想以上の渓相に感動し癒された。



思った以上に高低差もあり、幾度と滝を高巻くことになった。そして軽い気持ちできたことに少し後悔もした。
しかし、上流部に生息する色白で控えめなべっぴんアマゴ達に出会うことができた。ここ最近の僕好みなタイプのアマゴだ。




このような個体がまだまだ上流にも生息しているのであろうか。この先が楽しみになった。

そして朱点だけが残念ではあったが、体高のある色白な個体。9寸ほどではあるが充分であった。





私としては珍しい実釣約2時間。たまには昼からちらっと渓流に行くのもいいものである。“昼チラ”


ROD : EGOISTick / EG-532LL
REEL : Cardinal 3R
LINE : VARIVAS SightEdition 5lb
Lure : 自作ハンドメイド50S

水浴びとヤマト

 梅雨が明けてからというもの、連日の猛暑が続き、テレビをつけるとなるとどのチャンネルからも酷暑だの熱中症だの…。気温35℃を超えるのがもう当たり前。涼を求め仲間のS氏と避暑地となる山へ、逃げるかのように向かい林道をかけ上がった。



頭からこの冷水に突っ込むために来たのが目的の半分である。日々の疲れが吹き飛ぶ。



日の当たりにくい場所の白泡が清涼感をさらに与えてくれる。
支流という名の本流筋は実は数年前の増水で荒れ放題となっており、魚はあまり付いている感じではなかった。ただ、たどり着いた枝沢にはしっかりとイワナが付いていた。上流部に向かうほどにヤマト色が強くなることに嬉しい気持ちが込み上げてきた。



ヤマトイワナとニッコウ系のイワナのツーショットを良いのか悪いのか何度も実現させることができた。



滝の上からはヤマトイワナだけになったことにホッとし、僕らは下山した。

災害レベルの増水

 数日間降り続いた大雨は各地に多大な被害をもたらした。私の住む岐阜県も全域で大雨が降り続き、各河川は氾濫し、土砂災害も発生した。雨が落ち着いた数日後、大雨の影響をあまり受けなかったエリアに川の様子を見に行った。もちろん、竿を出せないことがあるかもしれないことも承知の上。

もともと水量の少ない渓流には程よい増水だと判断できると、早速竿を出す。しかしそう甘くはない。

魚からの反応はまったく感じなかった。上流部に移動すると状況は変わった。川底の石はあまり魚の付きそうな雰囲気はなく、フラットな流れが続くのだが少し深みのあるポイントを探るとアマゴのチェイスが何度か確認できた。遡行してたどり着いた流れ込みでようやくヒットした。最初の魚がこのクオリティだったため、大満足である。






その後、川を変えてみた。釣りができる水量でないことは分かっていた。一か所だけ何とか釣りができそうだったからやってみると
すぐ釣れた。



しかし、周りの草の倒れ方を確認し、流れの強さを感じたとたん恐怖が少しわいてきた。一昨日までの水位の高さを想像するとゾッとする。そして今なお被害の出ている場所があることを思うと、一人のうのうと釣りしているのにも少し気が引けた。


ROD : EGOISTick / EG-532LL
REEL : Cardinal 3
LINE : VARIVAS SightEdition 5lb
Lure : 自作ハンドメイド

郡上あまご

 被害をもたらすほどの降雨量のあった6月末。ようやく渇水状況がリセットされた。ただ河川によっては手を出すことのできない程の水位を保っているところもあったため、今回は今年初めて長良川郡上エリアに向かった。どこのポイントもいい流れが効いている感じがあるのだが、この時を狙っていたであろう釣り師達は要所で竿を出していた。私も思いついた場所を淡々と探った。どこからでも“ドカン””と出そうな雰囲気はあった。3か所目、出るならこの辺りであろうと思った流芯のど真ん中でそれとわかるあたりがあり、しっかりとフッキングさせることができた。



この時期ならではの太いアマゴに朝から痺れる。
その後も鮎師の合間を縫うように入川し、がっつりとウエーディングした。



強い流れの中でのやり取りは格別だ。
 


ROD : LUPUS71
REEL : 07STELLA2000S
LINE : VARIVAS TwitchMaster 6lb
LURE : 自作ハンドメイド80